Event is FINISHED

【5/1-5/2】小布施ワイナリーの超希少な日本酒10種10本&ワインと岸本恵理子シェフの絶妙カップリング料理を愉しむ2日間。<奥志賀高原>

Description

小布施ワイナリーの超希少な日本酒&ワインと絶妙カップリング料理を愉しむ2日間。
Featuring「流し」の料理人 岸本恵理子

2018.5月1-2日開催@奥志賀ロッジやまのまにまに

ストイックなまでのワイン造りで、日本はもとより世界中のワインラバーから熱い視線を浴びている北信州の急先鋒「小布施ワイナリー」。記念すべき第一回の「まにまにゴハン」は、そのこだわりの希少なワイン、だけでなく、彼らが趣味(まさに酔狂!)で、とはいえ本気で造る、極少量生産の超入手困難な幻の日本酒10種を取り揃え、ナチュラルワインを愛してやまない岸本シェフが、信州の旬のもの、地のものの食材とからめて、2夜連続腕をふるいます。もちろん、少しくらい羽目を外して飲んでも食べても、まにまにの宿泊パックだから安心。少し遠出となりますが、出掛けやすいゴールデンウィーク。忙しさに埋もれて気づかなかった“何か”を見つけるように、雪が溶けようやく新緑の芽吹きを迎えた奥志賀に、ぜひお越しください。

岸本恵理子
通算4年間のイタリア修行で、ローカルに根ざしたマンマの味から星付きレストランの極意までを習得。帰国後、お料理の依頼があれば、海に山に東奔西走。今や引っ張りだこの「流し」の料理人。傍にはつねにワインを携えつつ、自身もおいしいものにはからきし目がない生粋の食いしん坊。

第一夜:小布施ワイナリー「趣味のsake」の宴
毎年1月のたった3週間、ワイナリーのスタッフが自らのアイデンティティを探るため、古典酵母、廃番酵母、昔ながらの醸造方式に範をとって造り上げた、採算度外視の趣味のSake10種10本を、岸本シェフの腕によりをかけた一皿一皿とカップリングして飲み比べていただくまたとない機会です。

清冽な大自然に囲まれた、北信州は志賀高原の奥深くにしつらえられたやまのまにまにのテーブルで、化学的でない酒造りを標榜する小布施ワイナリーが追いかける、戦前・大正・明治・江戸末期の日本酒に想いを馳せながら、岸本シェフがお連れする夢見ごこちの時間旅行をお愉しみください。

◉当日の日本酒リスト詳細 → http://yamanomanimani.jp/post/172370809096/5月1日の日本酒紹介

第二夜:小布施ワイナリー「スローな春」の宴
夏でもひんやりしているまにまにの天然カーブ?(ただの地下倉庫/笑)には、オーナーが小布施に足繁く通い集めた、天然育ちのワインたちが少量ながらスヤスヤと眠り、出番を待っております。

第二夜は、その中から岸本シェフがセレクトした赤白数銘柄と、そこからインスパイアされた創作料理をご提供いたします。さて、小布施のどんなワインとお料理が出てくるのでしょう?テーマは、ようやく雪解けの季節が訪れた奥志賀にふさわしく「スローな春」。 ゆるゆると花開くワイングラスを傾けながら、スローな奥志賀の春の一夜をお楽しみください。

◉当日の蔵出し予定ワインは追ってご紹介!しばしお待ちください。

まにまにゴハン#01 申込要項

◉募集定員:12名(*募集定員に達し次第締切)
*お申込みいただいた方にはあらためて以下の内容確認のメールを送らせていただきますので、ご回答のほどよろしくお願いいたします。

《確認内容》

1.お名前
2.性別
3.ご住所
4.携帯電話番号
5.ご予約人数

*2日以内に確認メールが届かない場合はご連絡ください。

◉参加費:2泊4食39,000円/人(税込)

まにまにゴハン#01 event参加費として:
宿泊費(5/1, 5/2、ご夕食とお飲物代(5/1: 日本酒、5/2: ワイン)、朝食代(5/2, 5/3) が含まれます。

◉キャンセルポリシー

*お申込み後のキャンセルに関しては以下の通りキャンセル料を申し受けます。
*ご返金は、当システム利用料・振込手数料を差し引いた金額となります。

20日前より:参加費の50%
14日前より:参加費の80%
7日前より:参加費の100%

皆様のお申し込みを心よりお待ちしています。
ロッジ やまのまにまに

May 1 - May 3, 2018
[ Tue ] - [ Thu ]
3:00 PM - 10:00 AM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費(2泊4食、お料理お酒代込み) SOLD OUT ¥39,000
Venue Address
山ノ内町夜間瀬12377−27 Japan
Organizer
まにまにゴハン
5 Followers